浪人・高校生の方へ 大学受験 合格対策
最短ルートで合格するには家庭教師がおすすめです ホームへ
問題の症状
浪人生の現状
原因究明
メカニズム
脱出への提案
家庭教師の費用
問い合わせ

原因究明

【2浪になる理由原因究明】

典型的なパターン

1 現役の時は大学には行きたかったが、大学に行って何をしたいか明確に分からなかったし、そのようなことを考えなかった。
  下向き矢印
2 そして受験は失敗。
(うすうす分かっていたので、浪人して頑張るつもりだった。)
現役時に浪人を強く意識した人ほど受からない鉄則あり。
また1浪ではすまない場合が多いので、このような人は要注意!
  下向き矢印
3 受験が終わってとりあえず2、3月はのんびり。
(いいまでも意外とのんびりしていた場合が多かったような)
受験に対する意識として「とりあえず一休み」はやる気が損なわれる典型的なパターンである。
本来のスタートは遅くともこの時点から!!
  下向き矢印
4 自分にあった予備校はどこか探し、なんとか決めて申し込む。
(決め方も意外と簡単に決めてしまう。)
受験に対する意識は「とりあえず一休み」、でも4月から頑張ろうと考えているので、予備校だけは決めておく。
  下向き矢印
5 4月(1日)から頑張ろうと思っていたが、予備校によっては4月中旬以降から授業が開始のため、チョット、ガッカリ。
(でも本音はチョットうれしい、のんびり出来る期間がのびたため)
受験に対する意識は、ますますやる気が損なわれた状況。
  下向き矢印
戻る 上へ 上へ 次へ
// // //